学生の間にお金を借りると就職活動に不利になる?

 

お金を借りたいけれども、借金は人生に影響が出る


というイメージが大き過ぎて、決心がつかないのではないでしょうか?

 

お金を借りることは、もちろん生活面だけでなく、その後にも何らかの影響が出る可能性もあります。

 

借りたお金を毎月返済していくことは、それだけでやはり影響が出ていると感じることもあるでしょう。また、利息はごく少ない物であっても、気になるという方もいらっしゃいます。

 

学生ローンなど、ローン商品を利用していると、その後の就職活動などに影響もでるという噂も出ています。

 

「お金を借りているということで就職できなくなってしまう?」という不安を感じるかも知れません。

 

就職希望の会社にバレることはない

現状では、個人がお金を借りているかどうかを、ハッキリと分かる機関は個人信用情報機関です。個人信用情報機関に記録されている内容を確認できるのは、金融機関と本人のみです。

 

ということは、就職を希望している会社が個人信用情報機関に内容を照会して、見られるものではないのです。

 

ここから、金融機関に就職を希望している場合は、金融機関なら簡単に個人信用情報機関の記録を照会できるので、借り入れがバレてしまって就職試験に落ちるという話も登場しています。

 

本来金融機関は借り入れの申し込み者の記録を照会するのみで、就職を希望する方の記録を照会してはいけないのです。

 

とはいっても、お金を扱うという観点から実際は確認する企業もあるようです。

 

しかし、借り入れをしている事実が即不採用となるのではないという部分もあります。

 

就職希望者が、そういった部分を超えるような人物として魅力を持つ場合、企業がぜひ採用したいと感じるような人物だった場合には、借り入れの事実とは別に採用の結果が出るケースもあるようです。

 

お金を借りることをマイナスにしてしまうのかどうかは、利用者である自分にかかってくる部分もありそうです。

 

お金を借りることをどのようにとらえて、どのように利用していくのかということは、自分が主体となって考えるべきことなのでしょう。


学生ローンおすすめランキング

学生ローン徹底比較TOPページへ戻る