学生ローンが原因で内定取り消しになる?

学生ローンを利用しても内定取り消しにならない!!

お金を借りると内定が取れない、内定していたら取り消しになってしまう…と不安になっていませんか?お金を借りることは自己管理ができていない、計画性がない、浪費家などの良くないイメージがつきまといます。

 

実際には、旅行や免許取得、資格取得、就職活動での費用など有益な利用をしている方は少なくありません。しかし具体的な借入内容まではわからないわけですから、マイナスイメージでとらえられ、内定にも響いてしまいそうと考えられています。

 

ローンの利用は就職活動や内定に不利になるといわれています。利用している方も親や友達にバレたくない、言いにくいと感じているのではないでしょうか。

 

しかし、学生ローンを使っていても、内定が取り消されてしまうことにはなりません。お金を借りているという個人情報を、内定先の企業が勝手に調べられないのです。

 

借入の記録はどこにある?

借入やクレジットの利用は、借入先の金融機関や貸金業者だけでなく、信用情報機関にも記録されています。これは各貸金業者が記録することを義務付けられています。審査で与信を判断する際に、過去の借入や返済履歴、現在の利用状況を正しく知らないと、貸付できる金額を把握できないからです。またその開示請求は登録貸金業者など、信用情報機関に加盟している企業しかできません。

 

内定者の調査目的では照会不可

もちろん借入履歴の照会は、就職内内定者が安心できる人物かどうかを調べる目的では利用できないのです。また貸金業者であっても、申し込み者の承諾なしに勝手に開示請求をすることはありません。大学なども勝手に照会できないので、安心しましょう。

 

内定先が金融機関や貸金業者ならバレるのでは?

信用情報機関に照会できる金融機関や貸金業者が内定先なら、簡単に学生ローンの利用がバレてしまいそうですね。しかし、個人信用情報機関に照会できるのは、貸付の申し込み者の与信判断の目的だけです。

 

金融機関や貸金業者に内定している学生の方も、信用情報機関に開示請求されて借金がバレてしまうことは心配する必要がありません。

 

就職希望者に「あなたが借金しているかどうか調べたいから、照会してもよいだろうか?」と聞く企業はまずありえません。しかし万が一あったとしても、許可しなければよいことです。就職したいという点が先に立つと、なんでも受け入れようとしてしまいますが、面接時に借金したことがあるかと聞かれても、正直に答えなくてもよいのです。