学生ローンの申し込みは消費者金融ローンと同じ?

学生ローンと消費者金融の大きな違い

どんな時でも手間などを考えると、お金を借りる時に難しいと感じてしまう申し込みですが、今は様々な金融業者もネットを積極的に取り入れており手間は最小限になっています。

 

消費者金融のカードローンなどでは、身分証明書だけで契約ができてしまうものがあり、手軽さはアップしていますね。

 

学生ローンと呼ばれるローンでは、カードが発行されないものでは直接店舗に借りに行くということが多いのですが、今はネット申し込み後、自分の銀行口座に必要な金額を振り込んでもらうという借り入れ方法も利用できます。

 

消費者金融では、ローンのための専用カードを発行し、それで借り入れや返済をすることもできるため、この点が大きな違いとなるでしょう。

 

学生ローンを利用する為に必要な書類

学生ローンでは学生であることを当然証明しなければいけませんから、申し込み時に学生証の提示は必須です。
学生証の紛失など一時的に学生証がない状態では、在学証明書などが必要になります。

 

学生証が再発行され次第、そちらも提出することになる業者も多いです。
まれに学生証が発行されない学校もありますが、この場合は申し込みができません。

 

さらに、直接店舗に行くのではなく振り込みによる借り入れを受けるのなら、公共料金の領収書や請求書が必要になることもあります。

 

キャッシュカードも借り入れ時に必要になりますが、何より自分名義の銀行口座がなければ振り込みによる借り入れは利用できないということです。

 

このあたりに準備が必要な方は、借り入れまでに時間がかかりますので、申し込み前に確認が必要です。お急ぎの場合は、借り入れ方法を考えておきましょう。

 

学生ローンであっても、消費者金融カードローンとさほど申し込みの手間が変わるということもなさそうです。
準備にたくさんの手間や時間が必要ということもなく、お金が必要な時にすぐに申し込みをスタートさせられるでしょう。

 

しかし、審査時間のことや、振り込みでの借り入れを考えるなら銀行の振り込み可能時間なども考えて、余裕をもって申し込みをしていたほうがよいでしょう。