自動車免許でローンを組むときに気をつけること

自動車学校の費用は?

自動車の免許を取得するとき、非常に大きなお金がかかります。教習所に通わなければ免許を取得するなど到底不可能、それはご存知のことでしょう。

 

自動車免許のローンの注意事項

 

確かに直接免許センターで試験を受けることはできるものの、そのためには仮免許を取得していなければならない、合格率は極端に低いなどあります。自動車学校での費用はどの程度かかるのでしょうか?

 

普通自動車免許 23万円〜34万円程度

 

地方によって、さらにその自動車学校によっても大きく開きがあります。
原付免許があっても金額にそれほどの違いはありません。
また合宿免許は比較的金額が低くはなっているものの、それもまた到底一括で支払うことは難しいものです。

 

自動車学校では仮免許を受ける前と、仮免許取得後の2段階に分けているところが一般的になりました。
2段階を受けるためには1段階の費用の支払いが完了しており、2段階の費用を支払い始めていることが条件となっていることは多いでしょう。
一括で支払うことはなくても、大きな金額になることは間違いありません。

 

学生はどうやって自動車学校の費用を支払っているの?

自動車学校側も当然、一括の支払いが基本とは考えていません。
それぞれの自動車学校が用意するローンがあります。

 

ただし注意しなくてはなりません。
ローンとは、単純に分割されるものではなく、元金以上の支払いをしなくてはならないものです。
必ずローンには金利があります。
その金利による利息が加算されることを覚えておきましょう。

 

注意ポイント

自動車学校の用意するローンの金利、返済期日、繰上返済について確認しよう!

 

分割ができる!その気持ちだけで申し込むことは危険です。
必ず金利を確認しましょう。
金利は利息に直結する非常に重要な項目です。
繰上返済ができるかどうか、それもチェックしなくてはなりません。
より早く支払いを済ませることで利息の負担も少ない返済ができます。

 

他にはどんなローンがある?

自動車学校で用意しているローンだけではなく、他にも自動車学校の費用を用立てるローンはあります。

 

銀行にもある運転免許用ローン 目的が明確になっているため金利も低く設定されていますが、審査が厳しく未成年、学生の利用は難しい。
信販会社の運転免許用ローン 未成年でも利用ができてポイントなどの特典もある若い世代に人気のローン。ただし金利は高め。
消費者金融のフリーキャッシング

資金使途が自由になっているため使いやすく、学生もアルバイトによる収入を得ていれば利用可能。ただし金利は高め。

 

自動車免許がなければ生活が成り立たない地域もあるでしょう。
また就職に必要になることも少なくありません。
それでも返済に追われて困窮することのないようにローンの組み立てはしっかりと計画を立てましょう。