学生ローンでのお金の借り方

学生への融資を専門としている学生ローンでは、お金の借り方が一般的にイメージされているものとは異なります。
学生ローンとはどのような借入方法になるのか、確認してみましょう!

 

基本的に学生ローンでは自由な借入はできません。
申し込み時の来店で、その場で融資を受けます。
一度借入をしたお金を返済していく、それが学生ローンです。

 

ただし追加融資ができないわけではありません。
追加でキャッシングをしたい場合には2つの方法があります。

 

  • 来店で追加融資を申請しその場で借入
  • 電話で追加融資を申請し振込みによる借入

 

利便性はないものの、学生を対象とした融資であるために大きな融資を行うことも、頻繁に借入をすることもできません。
それは融資を行う側のリスクにもなるからです。

 

学生はお金を借りるということに慣れていないものです。
もちろん返済をする、計画を立てる、利息を考えるということも無縁な世界でしょう。
初めてキャッシングをするときには知らないことが多く、失敗することも考えられることです。
不自由と感じるかもしれませんが、学生への融資を専門としているからこその借入方法であると考えましょう。

 

一般的なカードローンでのお金の借り方

一般的には「ローンのキャッシング」はどのようにイメージされているでしょうか?

 

  • 発行されたカードを使う
  • ATMを使って自由に借入ができる
  • 与えられた限度額の範囲を自由に使える

 

テレビで流れるCMを見ても、消費者金融でキャッシングをする場合には「いつでもどこでも借入の方法がある」ということがわかるはずです。
消費者金融の借入方法は非常に便利になっています。

 

大手消費者金融の借入方法
  • 消費者金融の専用ATM
  • 提携コンビニATM
  • 店頭窓口
  • 振り込みキャッシング

 

これらの方法があることで24時間いつでも何らかの方法を使ってお金を借りることができます。

 

もっとも便利になるのはコンビニATMでしょう。
コンビニといえば当然のことながら24時間営業です。
提携ATM利用手数料(1万円以下108円、1万円超216円)はかかるものの、身近にあるコンビニでいつでも借入をすることができます。

 

融資限度額が決められる

申し込みをすると「融資ができる」、そのための審査が行われます。
そしてその審査は同時に、「いくらなら融資ができるか」の審査も行われています。

 

例えば希望借入金額が3万円だったとしても、審査によって「10万円までなら融資ができる」と判断されると、融資限度額10万円として審査結果がでてきます。

 

融資限度額の範囲は、いつ借入をしてもかまいません。
返済の義務が生じることは覚えておかなくてはなりませんが、3万円を借りた後、また必要なことがあればそのカードを使って再度申し込みをすることなく借りることができます。

 

消費者金融では一度契約をすると解約をするまで借入は自由に行うことができます。


学生ローンおすすめランキング

学生ローン徹底比較TOPページへ戻る