学生ローンの返済が遅れたら卒業後に一括返済できる?

学生ローンは学生の間に返さないといけない?

学生ローンと名前がついているわけですから、

 

 

「学生でなければ利用できない?」

 

「返済も学生の間にしてしまわなければいけない?」


 

と思っている方も多いでしょうか?

 

返済期限は学生の間ではない!

学生ローンは、申し込みの時点では学生であることが求められますが、返済は卒業後も続けて行うことになります。

 

卒業前に一括返済してしまわなければならないこともありません。安心して計画的に自分のペースで返済を続けることができます。学生の間に急いで返してしまおうと焦らなくてもよいのです。

 

ただし契約期間は決まっています。3年から5年などと学生ローンごとに決まっているので、それに応じて返済計画を立てましょう。

 

会員システムなどになっていて、卒業後もそのまま借り入れも続けて行えるローンなどもあります。

 

※一部には学生ローンを取り扱う業者であっても、社会人も利用できる所もあります。

 

完済時期と返済額の計画的な設定方法

学生ローンだからといって特別に意識しなければならないことはありませんが、返済シミュレーションは余裕を持った完済時期と返済額を設定する必要があります。

 

アルバイトで、中にはたくさん収入がある方もいるかもしれません。ですが、通常は限られた収入での返済計画を立てることになります。

 

アルバイトのお給料をすべて返済に回してしまうわけにはいきませんから、無理をしない返済をするように心がけましょう。

 

急にアルバイトを辞めなければいけないような事情が起こらないとも限りません。

 

一般的には、返済額は収入の半分を超えると大変と言われています。

 

但し、実家暮らしの場合なら、もう少し返済に回すことができるでしょうか。このあたりも、他の出費とのバランスを見て計画する必要がありますね。

 

長期の休みなどにアルバイトを集中的にして、お給料を増やす方も多いですが、その多い時の収入を返済のベースにするのではなく、少ない時に合わせて返済額を決めましょう。

 

 

学生ローンと名前がついていますが、あくまでも学生が利用しやすいローンと理解しておくことでもよいのではないでしょうか。

 

申し込みの手間もかからず、全国から利用できるようになっていますし、金利も低い学生ローンも見つかります。


 

返済に遅れにくくなっている学生ローンも

学生ローンでは、自由返済方式が採用されているものがあります。自由返済方式は、元利均等返済方式とは違って、毎月の返済日には最低利息のみを返済すればOKというものです。元金はいつでも余裕があるときに随時返していくことになります。

 

返済する額が少ないと、お金の準備もしやすく都合もつけやすいでしょう。またアルバイトのお給料の上下に合わせて返済額を調整することも可能です。

 

卒業後に一括返済できる?

返済しやすい学生ローンを選んだとしても、それでも返済に遅れてしまうこともあるでしょう。授業やアルバイトの兼ね合いなどの原因があって、返済計画通りに進められないケースです。返済が遅れたら卒業後に一括返済してもよいのでしょうか?

 

返済期間中は、どれほど返済が遅れても全く返さないということにはできません。自由返済なら必ず利息以上、元利均等返済なら借入先が定めている最小返済額以上は絶対に月々の返済日に入金する必要があります。

 

また返済日に遅れそうなときには、早めに自分から連絡を入れるようにしましょう。いつぐらいまでなら入金できそうなのかなどをきちんと伝え、借入先の指示を仰ぎます。

 

月々大きな額を返済できないかもしれないと不安なら、最初から自由返済方式にしておき、学生の間は利息のみを返し、卒業後に借入残高を一括返済するという方法もあります。

 

ただし、この方法では元金は一切減りません。また、利息は日割り計算となるため、借入期間が長いほど大きな利息額を結果的に払ってしまう点に注意しましょう。

 

どうしてもという場合を除いて、月々の返済は遅れないようにするべきです。そしてできるだけ多く元金を返していき、借入残高を減らして利息額も抑えていくほうがよいでしょう。