学生ローンでいくらまで借りられる?

学生対象のローンなら、借り入れ限度額は大きくないと考える方も多いですね。いくらまでなら借りることができるのでしょうか?

 

学生ローンの限度額

 

アルバイトでの収入から返済していくことを考えると、さほど大きな限度額が設定できない、と考えている方も多いでしょう。

 

 

消費者金融や学生ローンは総量規制の対象となるので、年収の3分の1以上は借りられません。

 

学生ですと、アルバイトによる年収の約3割くらいまでが限度額と考えましょう!


 

月のバイト代 年収 限度額(3分の1)
3万 36万 12万
5万 60万 20万
8万 96万 32万
10万 120万 40万
12万 144万 48万

 

家族からの仕送りは収入とはみなされません。当然、アルバイトをしてない、無収入の学生はお金を借りることは出来ません。

 

限度額が上がるケース

学生ローンにもよりますが、10万円を最高限度額にしているところもあれば、50万円までの貸付を可能にしているところもあります。

 

目的がはっきりしていて、その証明書を提出できる、あるいは学費のためである場合(この場合も請求書などは必要なことが多い)、限度額は大きくなり、金利も低くなる傾向があります。

 

このことからも、自分の必要な金額や目的に応じて、借り入れ先を選ぶことが重要になりそうですが、それだけではいけません。

 

といいますのも、借りた後は返済しなければならないものだからです。返済できる金額だけを借りること、いくらお金が必要でも、この前提だけは変えてはいけないのです。

 

返済計画をどのように立てるかということも、初めての借り入れでは難しいと感じるかもしれません。できるだけ多く借りようと考えるのではなく、確実に返済できるだけの金額を借りるのです。

 

借りれる額をアップするには

アルバイトでの収入なら、毎月バラつきがあることも多いですね。多い時のお給料に合わせるのではなく、少ない時に合わせるのです。

 

もしも、お金に余裕ができれば、随時返済や繰り上げ返済をして返してしまえばいいわけですから、少ない返済額に設定しておき、返済遅れなどがないようにしましょう。

 

もちろん最初に、いきなり大きな限度額が設定されることもありません。

 

借り入れた後にきちんと返済していき、信用度が高まれば、限度額増額も可能になることもあります。収入と返済のバランスだけで、借り入れできる額が決まるわけでもないのです。

 

借り入れ目的を明確にすること、学生ローンの活用方法などは、借り入れする側がまずはっきりとさせておくことでしょう。お金を借りてから返済できない事態になってしまっては一大事です。

 


学生ローンおすすめランキング

学生ローン徹底比較TOPページへ戻る