学生ローン以外でも学生が利用できるカードローン

学生ローン以外でも学生が利用できるローン

学生ローン以外でも学生が利用できるローンには、どんなものがあるのでしょうか?

 

消費者金融

消費者金融のカードローンなどでも、定期的な収入があることと年齢条件をクリアしていれば、学生でも申し込みができるものもたくさんあります。

 

学生ローンでなく、消費者金融のカードローンに申し込みをするメリットといえば、ローン専用のカードを使ったATMでの借り入れや返済ができることでしょうか。

 

学生専用ローンでも、一部金融機関ATMを利用できるところや、専用ATMを設置しているところもありますが、使いやすさに関しては消費者金融の方が高いかもしれません。

 

プロミス

最短1時間 実質年率:4.5%〜17.8%

限度額:500万円

 

三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座があれば振込キャッシング、インターネット返済が24時間利用可能。親バレを防ぐためには、インターネット申し込みで審査結果を受け取り、自動契約機で契約をしてカードと契約書を受け取り自宅への郵送物を防ぎましょう。

 

普段の利用でもWEB明細を選択することで自宅への明細書の送付はなく会員ページから明細を確認するだけの簡単手続き。SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは最大手の消費者金融。

 

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

 

アコム

実質年率:3.0%〜18.0%

限度額:800万円

 

楽天銀行口座があると振込キャッシング、インターネット返済が24時間利用可能。普段の利用では返済を口座振替にすると便利ではあるものの利用明細書が自宅への郵送となるため、書面の受取方法は「アコムホームページで確認」を選択することで自宅への郵送物を防ぐことができます。

 

申し込み時もインターネットで申し込みをして審査結果を確認し、自動契約機で契約とカード・契約書の受け取りをすることで自宅へ郵送物はありません。
※20歳〜69歳までの安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たすお客さま

 

 

モビット

モビット 実質年率:3.0%〜18.0%

限度額:800万円

 

カード申込では契約時に自宅にMCサービスセンター名で入会申込書等一式が送付されますが、WEB完結では郵送物がありません。郵送物だけではなく電話連絡なしで、カードもないキャッシング。

 

誰に知られることもなくモビットはキャッシングをすることができます。WEB完結を利用するためには条件があるため確認が必要。誰にもばれないキャッシングならモビットでしょう。

 

 

レイク

実質年率:4.5%〜18.0%

限度額:500万円

 

レイクは消費者金融ではなく新生銀行のカードローンです。無利息期間が2種類あり、契約時に30日間無利息(借り入れ全額適用)か180日間無利息(借入額のうち5万円まで)の選択ができます。銀行カードローンでありながら全国に自動契約機がありカードの受け取りをすることで自宅への郵送物を避けることができます。

 

レイクATMだけではなくコンビニATMも利用手数料は無料。学生にとってうれしいのは「レイクカードを持ち歩かなくてもよい」ことでしょう。スマホ、アプリ、携帯電話から自分の金融機関口座への振り込みができます。

 

 

銀行カードローン

消費者金融以外に、銀行が発行するカードローンでも学生が利用できるもの見つかりますね。大手銀行である三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックや、ネット銀行大手の楽天銀行のカードローン、スーパーローンなども学生が申し込みをしやすいものとして人気が高いです。

 

銀行カードローンは貸金業法という法律を受けませんので、年収の3分の1までしか借り入れできないという総量規制にさほどこだわらない限度額を設定できるものが多いのです。

 

しかし、学生の場合は学生ということだけで収入に関わりなく30万円まで、10万円までと限度額が決まっている場合も少なくありません。たくさん借りられるだろうと安易に申し込んでも、結果的に学生ローンと限度額が変わらないということもよくあります。

 

銀行カードローンの場合「親の同意が必要」となりますのであまりオススメできません。

 

クレジットカード

クレジットカードのキャッシング枠を利用するというのも一つの方法です。しかし、学生が利用する場合はキャッシング枠が0、ショッピング枠の限度額が10万円から30万円というものも多いのです。

 

また、キャッシング枠があったとしてもせいぜい5万円程度となっています。必要な金額によっては、これでは不十分と感じるかもしれません。

 

金利の点も、最近学生ローンは低金利のものも増えていますので少し気になりますね。

 

しかし、どれほど現金が必要だからといってショッピング枠の現金化に手を出してはいけません。クレジットカードの利用停止となってしまう恐れがあります。また、借り入れに換算した場合の利息としては、当然利息の上限などはオーバーしています。

 

借り入れには手軽さを求める場合もありますね。すぐに借りられることからクレジットカードの利用を考える方も多いのですが、金利の点も少し考慮してどの方法でお金を借りるのがよいのか決めることも大切です。