アルバイトをしていない学生はお金を借りられない?

学生ローンを利用したい時に気になるのは、本人収入の問題ですよね。学生ローンを取り扱っているのは消費者金融などの貸金業者ですが、貸金業法の改正によって、本人収入がない場合は申し込みができなくなっています。

 

ですから、学生ローンを利用したい場合なら、必ずアルバイトなどでの収入が必要になるということです。

 

学生ローンの利用には収入が必要

 

学生専用ローン

学生専用ローンなら、アルバイトの日数などが少なくても申し込みはできます。

 

学生ローン以外のローンでは、アルバイトに入る日数など週5日以上は必要など、決まっていることも多いのですが、学生ローンでは週3日のシフトでも安定収入とみなされることもあります。

 

場合によっては、単発バイトを連続している場合や、短期バイトなどでも借り入れが認められることもあるようです。

 

しかし、アルバイトをしていないのにしているかのように申告して、借り入れを申し込むことはしないようにしましょう。

 

これは、返済のことを考えてみても、収入がないのにお金を借りるわけにはいきませんよね。自分でどのように借りたお金を返していくのか、これはしっかりと考えておかなければいけません。

 

大手消費者金融

学生ローンではない大手消費者金融では、アルバイトなどは6ヵ月以上続けて勤務していることなどが、条件となっている場合がほとんどです。

 

しかし、誰でも借りられるというわけでもありません。

 

収入証明書の提出を求められないことから、多めに収入を書く方が多いのも実状なのですが、返済という部分から見ると、この方法は全くおすすめできない方法です。

 

お金が必要な時には1円でも多く借りたいと望むものですが、まずは返済計画ありきです。

 

お金を借りることがマイナスというイメージでは昨今なくなってきています。気軽に借りることができるローンも多いですが、必ず収入とのバランスを考えて借り入れ金額を決める必要があるでしょう。

 


学生ローンおすすめランキング

学生ローン徹底比較TOPページへ戻る